転職を貿易事務で考えているなら必要なスキルを知ろう

転職を貿易事務で考えているなら必要なスキルを知ろう

PC操作

貿易の仕事

外国との貿易は以前から頻繁に行なわれていますが、近年は海外に進出する日本企業も増えてきているので、ますますやり取りが盛んになるといえます。
未来の安定した生活のために必要とされる仕事を見つけたいと考えるなら、貿易事務への転職も考えていいでしょう。

物流

必要とされるスキル

貿易に関わる事務の仕事をこなす必要がありますので、貿易実務検定は受けておいたほうがいいです。
また、書類は英語で書かれることが多いですので、英語を読む、話すスキルは身に付けておいて損はありません。

物流

未経験でも大丈夫

英語ができたほうがいい、貿易実務の知識があったほうがいい、この条件を考えると未経験者は応募に入る込む隙がないように思えるかもしれません。
しかし、未経験者も募集されていますし、貿易実務検定やIBATという試験を受けたのであればある程度知識は得られます。研修制度やセミナーも活用して、貿易業への転職を現実のものにしましょう。

貿易事務と一般事務を比べてみました

一般事務

企業において部署全般の仕事をしますので、仕事の幅は広いです。経理を兼任するところも多く、メールや電話対応を行ないます。

貿易事務

輸出入に関する業務を担当するのが貿易事務です。業務内容は輸出と輸入で分かれ、輸出通関手配や関税や消費税の納付を請け負います。

広告募集中