仕事が合わない…なら探そう!

仕事をしていると「この仕事、私に合わないのでは?」と考えることもあります。また、さらなるキャリアアップを目指したい人も転職を希望しますので、仕事の探し方は覚えておいたほうが良いでしょう。

職業紹介で最も利用されているサービス

タクシードライバー
no.1

ハローワーク

地域で運営されている職業安定所は幅広い年齢層が利用する、最も気軽に利用できる職業紹介サービスといえます。求人数も大変多く、労働基準局と連動して仕事紹介をしている安心感があります。

no.2

知人の紹介

案外多いのが知人からの紹介です。小さな会社だとハローワークに求人を出していないところもあり、家族経営のところも多いためこの口コミネットワークが活用されています。

no.3

一般の仕事紹介情報誌

アルバイトも多く募集されているのがこの求人誌です。そのため二番目に利用されることが多い媒体となっています。単発や短期の仕事、季節の仕事も多く募集されていてほとんどが無料です。

no.4

専門職の仕事紹介サービス

広く仕事を探したい人にはあまり向きませんが、手に職をもっている人にはよく利用されています。看護師やタクシードライバー、保育士や貿易事務などを専門に扱うところがあります。

no.5

ヘッドハンティング

優秀な人材を将来の幹部候補に欲しいという企業は案外たくさんあります。そういった企業がこのサービスを利用していますが、もっと良い条件の転職を望む人も多く利用しているのです。

転職するならタクシー運転手!魅力的な仕事を探そう

模型

視野を広げよう

長く企業に勤めあげた人が第二の人生に選ぶ仕事として多いのがタクシードライバーです。最近では女性のドライバーも増えているので、京都や古河市で仕事を探している人は注目です。
タクシー以外にも運転の仕事といえばドライバーもありますので、運転が好きという人は視野広げていろいろ探してみると良いです。

女の人

必要な資格

普通免許を所有している人は多いと思いますが、タクシードライバーになるなら二種免許が必要です。これはバスの運転手も同じで、車にお客様を乗せて安全に走れることを証明する資格となります。
そのほか、特定の地域で働くのであれば地理試験が必要になることもあります。

女性

転職サービス業者に注目

初めてタクシードライバーに挑戦するという人は必要な資格を取得しなければなりませんが、それには費用がかかります。
転職を紹介してくれる専門のサービスでは、こういった必要な費用を補助してくれるところもあるので注目です。タクシードライバーなら二種免許取得の支援をしてくれますし、秘書や派遣ならどの業界が合うかカウンセリングしたりセミナーを開催したりしているので、就職活動に便利でしょう。

専門のサービスの活用法

専門のサービスを活用することでより的確な就職や転職が可能です。逆に広く探したいなら一般の紹介サービスを活用しましょう。

[PR]
タクシーの転職情報
高収入のところが選べる

広告募集中